ビタミンCのサプリメント効果は?抗酸化作用で老化を防ぐ

ビタミンCのサプリメント効果は?抗酸化作用で老化を防ぐ

ビタミンCはシミ・そばかすによく効くことはよく知られています。ただ、一日通常の生活ではどのくらい摂取出来ていて、ビタミンCのサプリメントなどは今わかる技術の範囲でどのくらい効果があるのでしょうか?美容ライターが調べてみました。

ビタミンCの効能や化粧品の効能の記事はこちらになります。

Advertisement

通常はどのくらい摂取すればよいの?

ビタミンCの一日の摂取量ですが、

厚生労働省では1日100mgと推奨しています。

しかし、これは長期にわたるビタミンC不足から発症する壊血病にならないのがこの量ということで推奨しています。

ところが厚生労働省の調査では、30歳~49歳の日本女性の平均摂取量は79m、50歳~69歳では平均115mgであることがわかっています。

この時点で推奨値より低いことはガッカリですね。。

更に、ビタミンCはストレス・パソコン作業・喫煙・飲酒などで大量に消費することがわかっています。

では、ビタミンCをどのくらいとったほうがよいか?というと、

美容のためにも必要な量は

1日1000mg~を目安にとるべきだと考えられます。

ビタミンCは過剰摂取もよくありませんのでこのくらいが妥当かと思います。

natural medicine comprehensive databaseによると

  • 1日2000mg以上摂取した場合、安全とは言えず、腎結石や悪性の下痢などがおこるリスクがある。
  • 腎結石の患者が1000mg以上1日に摂取すると腎結石の再発のリスクが高くなる。

と書かれていますので、安全だと思っての摂取し過ぎには注意しておきましょう!

ただ、先ほどの平均摂取量でわかるかと思いますが、平均摂取量だと少ないわけです。やはり食べ物だけでは補完することが難しそうなので、サプリメントを併用してこの数字を確保することが求められます。

Advertisement

ビタミンCのサプリメント効果は?

ビタミンCは塗ることと飲むことで効果を発揮しますが、飲むことでの効果はどういったものでしょうか?

塗る場合はこちらの記事を参照してください。

飲むことでは

抗酸化作用で活性酸素を除去し、体の老化を防いでくれます。

ただ、ビタミンCは水溶性なのですぐに汗や尿と一緒に流れてしまうという欠点があります。さらに、大量に摂取しても吸収できる量は限られます。

その欠点を補うために、「リポゾーム」化(ビタミンCを細胞膜と同じ構造の人口カプセルに入れる)することで、吸収率が1.5倍になり、血中ビタミン濃度が高まる技術がすでに開発されています。

ですので、これらを取り入れたサプリメントを飲むことで

細胞の酸化を抑え内からの若返りに効果を求めることが可能になりました。

DHCの持続型ビタミンC 30日分

は、まさにこの持続型のビタミンCのサプリメントです。

失われやすいビタミンCを1日1000mgじっくりと補える栄養機能食品で、キレイと元気を効率よくサポートしてくれます。

また、ファンケルの公式ショップでは、ファンケル独自の藤茶ポリフェノールを配合したビタミンCのサプリメントを販売しています。

「藤茶」効果で抗酸化力が約二倍になるようです。

こちらの商品は沢山の口コミがあるようです。男性にもとても人気があるようです。

購入者の声

ビタミンCは果物等ではなかなか取れないのでサプリを愛用しています。今まではFANCL以外のものを購入していましたが他の物と一緒に発送してもらえるみたいなのでFANCLで続けていこうと思います。 七海さん

長年愛飲しています。改良されて、いちだんと飲みやすくなりましたし、3粒で1日分取れるというのもいいですね。保存料など余計な物も入っていなくて安心ですし、価格的にも続けやすい価格です。

飲みやすくて気に入っています。普段は寝る前に飲みますが、紫外線を強く浴びたときなどはいつもより一粒多く飲んだりします。うめこさん

Advertisement

まとめ

ビタミンCは毎日かかさずとりたいもの。

塗るビタミンCと飲むビタミンCをとって、健康と美容を保ちましょう!

Advertisement