アラフォー独身女性のマンション購入はお得かどうか?購入する物件のポイントと共に考察

アラフォー独身女性のマンション購入はお得かどうか?購入する物件のポイントと共に考察

最近の住宅事情

日本各地では未曾有の災害がおこり、消費税も増税、暮らしの不安も絶えません。

昔は住宅を購入することがサラリーマンの夢であったり目標でしたが、その昔には考えられない事態が起こり、世界・日本の環境は著しく変化をしています。

住宅購入は「一生もの」から「投資」という考え方への変化も出てきたのではないでしょうか。

そんな新しい時代の新しい価値観でアラフォー独身女性の視点から住宅のことを考えてみたいと思います。

Advertisement

購入のメリット・デメリット

アラフォー独身でも現在実家に住んでいる場合と賃貸に住んでいる場合とではまた状況が違いますので、今回は賃貸で暮らしている人について考えてみたいと思います。

 

まず、購入のメリットですが

賃貸の部屋よりも広くて綺麗なお部屋に住むことが出来る

内装を自由に変えられる

自分の資産として残る

団体信用保険があるので、生命保険の位置づけになる

老後も安心して住むところがある

などが挙げられます。

 

では、購入のデメリットはというと

ライフスタイルに合わせて簡単に場所や間取りを変えることが出来ない

初期費用がかかる

ローンを組めるかわからない

ローンの金利によって支払う額が変動し、支払いが困難になる可能性がある

修繕費管理費駐車場代など他の費用が発生する

 

などが挙げられます。

 

どちらにしても、当然ですが、良いこともありますし悪いこともあります。

ただ、自分の人生を考えた時に、より自分が幸福を感じられる方を選択することが一番よいと思います。

ここからは、もし購入しよう!と思った場合にどのような物件が今後の資産価値が高くなるか?を実際に不動産売買の業者である店長さんから伺った情報をお伝えしたいと思います。

Advertisement

購入する物件のポイント

購入する物件ですが、基本的には自分の気に入っている場所だったり間取りだったりを選んで購入することがよいとは思いますが、

いざという時に売買できる

ということを最低限考えて購入することをオススメしたいと思います。購入のポイントは3つあげられます。

 

1つ目はライフスタイルの変化を考えた間取りのものを購入する

こちらは、一人で購入するからといって1Kや1DKを購入するのではなく、2DK,2LDK以上を購入しておくとよいです。例えばご自身が結婚したとしても子供が小さいころまでは住むことが可能ですよね?また、売買するときには1Kや1DKよりは広いほうが購入者が多い傾向にあるためです。

 

2つ目は資産価値が高い場所(町の中心部・都内・都内近郊、駅徒歩10分以内など)を購入する

やはり都内や町の中心部など、人が集まるところに物件を購入することで、そのあとの売買も決まりやすくなります。また、意外と大きいポイントになるのが「駅徒歩10分以内」です。

どの不動産サイトでも「駅徒歩10分以内」でサーチする項目があります。その中に入るか入らないかで多くの購入者層が増減するのです。

 

3つ目は災害のことを考えて物件を購入する

これは新しいポイントになります。

先ほども記載しましたが、日本では現在いつどのような未曾有の災害が起こるかわかりません。日本全国その確率があると言えます。

その際に、安全な場所であることや暮らしに影響を及ぼしそうなことは避けて通りたいですよね。そのポイントとなりそうな項目をあげると

耐震性が高い

液状化しにくい土地

停電が起こりにくい地域

高層マンションすぎない

川の近くではない

水道周りがしっかりしているところ

土砂崩れが起こらない場所

過去の教訓から学ぶ

などです。

 

まとめ

少し前になりますが「かぼちゃの馬車」事件などで、物件を購入すること自体に不安を感じることもあると思います。当事件では自分の年収では払いきれない高価格物件を言葉巧みに購入させられたといったことがあったようです。

当然ですが、物件購入時は自分の年収と相談して、購入できる範囲で購入することを考えましょう。よく言われるのが毎月支払う額は手取りの1/3におさめることです。

また、色々な人がいますから、住まいに対する価値観はその人の価値観によって様々です。

どんな時も周りに左右されず今もっとも自分の価値観にあっている住宅を選ぶことが重要です。

Advertisement