女性ホルモンを理解しよう!更年期・ストレスと上手に付き合うアロマテラピー

女性ホルモンを理解しよう!更年期・ストレスと上手に付き合うアロマテラピー

女性ホルモンの種類

女性は妊娠、出産など、それぞれのライフステージに応じて女性ホルモンの影響を受け、カラダとココロに大きな変化があらわれます。

そのため様々な健康トラブルも年齢によって変化します。

この、私達に沢山の変化をもたらす女性ホルモンを理解しているのとしていないのとでは行動や心の持ち方も大きく変わってくるともいえるでしょう。

自分自身を知るよいきかっけとして、まずは女性ホルモンのことを理解することが大切です。

「女性ホルモン」とは、こちらの2種類のことを言います。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

女性の心身の健康と美しさに大きな影響を与えます。

子宮内膜を厚くします

自律神経のバランスを整えます

乳房や子宮を発達させ、女性らしいからだを作ります

骨、皮膚、脳の働きに大きな影響があります

主に、月経から排卵期前までに増加し、排卵日後に減少して推移します。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

妊娠を助けるホルモンといわれています

子宮内膜の厚さを維持して、着床しやすい状態を作ります

妊娠中の状態を安定させます

体内の水分を保持します

基礎体温をあげます

食欲増進を助けます

主に排卵日後に増加します。

一般的に「女性ホルモン」といわれるのはこの美容に関係している

「エストロゲン」

です。

「美のホルモン」と呼ばれるのは上記の特徴からです。

Advertisement

女性ホルモン(エストロゲン)が減少する時

さて、そんな女性ホルモンの中でもエストロゲンが減少する時があります。それはどんな状態の時でしょうか。

産後

職場でのストレス・疲れ

PMS

睡眠不足

食生活の乱れ

運動不足

急激な体重増減

更年期前

更年期

上記のような状況の時がエストロゲンが減少している時としてあげられます。

女性ホルモンと更年期障害の関連性

前項では女性ホルモンが減少する時をあげていきましたが、最も減少するのが図をみてわかるように、更年期になります。

更年期とは、日本人の女性が閉経を迎える年齢50~51歳から一般的には閉経をはさんだ、

45歳~55歳の約10年間のことを言います。

(※ただし閉経年齢には個人差があるので、40代前半からはじまる人もいます。)

よく耳にする更年期障害は、

閉経にともない卵巣の働きが衰え、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少することで起こるのです。

エストロゲンの分泌量が減少すると、今までエストロゲンによって調節されていた、体の様々な機能がうまく働かなくなります。また、エストロゲンが低下すると脳は卵巣に対して、もっと女性ホルモンを出すようにシグナルを送ります。しかしその際に、シグナルが周囲の脳に不要な興奮を起こしてしまうことで、自律神経の調節がうまくいかなくなります。

つまり、女性ホルモンの急激な減少に体がついていけず、神経の調節不良や心身の不調が起こりやすくなるのです。

特に日常生活にまで影響を及ぼす場合を更年期障害とよび治療を必要としています。

Advertisement

精油の吸入と女性ホルモンの研究結果

そこで公益社団法人で定期的に研究していますアロマサイエンス研究所では、10種類の精油の香り刺激によって、体内で分泌されているエストロゲン濃度が変化するかどうかを調査しました。

実験概要

対象:40歳代の女性15名(月経周期21日~ 37日)

精油:10種類(イランイラン、オレンジ・スイート、カモミール・ローマン、クラリセージ、ジャスミン、ゼラニウム、ネロリ、フランキンセンス、ラベンダー、ローズオットー)

測定方法:希釈した精油と空気または溶剤のみと空気を混合した気体を、それぞれ20分間吸入し、吸入の前後で唾液を採取

測定項目:唾液中の女性ホルモン(エストロゲン)濃度

この実験結果は下記の通りでした。

実験結果(唾液中エストロゲン濃度の平均値)

吸入前後のエストロゲン濃度を比較した結果、10種類の精油のうち、ゼラニウム精油とローズオットー精油介入後における唾液中のエストロゲン濃度が有意に上昇しました。

※検査結果には個人差があります

※(公社)日本アロマ環境協会HP抜粋

結果より、ゼラニウムやローズオットーの精油が女性ホルモンに関してよい影響があるということがわかりました。

ちなみに、オススメの精油はプラナロムやセロリハナです。精油は体に直接吸入するものなので、値段ではなく、オーガニック認証の安全なものを購入することをおすすめいたします。

まとめ

女性は常に女性ホルモンと付き合っていかなくてはなりません。ホルモンバランスを整えることは自分自身を保つためにとても重要なことです。

誰もがある感情の起伏の原因を少しでも和らげることが出来たらと願っています。