持続化給付金2020年開業した個人事業主の申請書類は?税理士署名が必須に。

持続化給付金2020年開業した個人事業主の申請書類は?税理士署名が必須に。

持続化給付金の対象要件が拡大し、6月29日から申請が開始されました!対象者はこちらの記事で記載いたしましたが、個人事業主が提出する申請書類をわかりやすくまとめましたので、申請の参考にしてみてください。

Advertisement

申請書類

申請書類は全部で4点になります。

① 持続化給付金に係る収入等申立書(個人事業者等向け)→税理士記載欄あり

参照:経済産業省HP抜粋

上記の書類は下記PDFより印刷してお使いください。(注)持続化給付金のHPから見つけ出すのがかなり困難です。また、必ず税理士の確認も必要なので、税理士さんへ書いてもらったほうがよいかもしれません。

② 通帳の写し

表紙とめくって1ページ目の写真もしくはPDFにしておいてください。

③ 本人確認書類

マイナンバーカード・運転免許証・住民基本台帳カード・在留カード・特別永住権証明書・外国人登録証明書などをPDFか画像でご用意ください。

④ 個人事業の開業・廃業等届出書又は事業開始等申告書(ない場合は④’)

開業日もしくは事業開始日が2020年1月1日から3月31日までであり、提出日が2020年5月1日以前のもので、税務署受付印が押印されていること。

④´開業日、所在地、代表者、業種、書類提出日の記載がある書類

開業届などがない場合は、
※④´を用いる場合は、給付までに通常よりも時間を要する場合があります。

売上台帳はなくても大丈夫!

また、ネットでは通常の申告の人用の売上台帳必要だという記事が沢山あると思いますが、2020年創業の個人事業主に関しては上記の①の書類がそれに代わりますので

売上台帳はなくても大丈夫です。(持続化HP記載あり)

Advertisement

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回税理士さんが必ず必要になってきますので、今後のことも考えて税理士さんへお願いするか、このサインだけ確認してもらえる税理士さんを探すか、悩むところでしょう。

こちらのサイトでも税理士さんへのご相談は可能ですので、お気軽にご相談ください。

持続化給付金申請HPはこちら

Advertisement