持続化給付金2020年設立した中小企業の申請書類は?税理士署名が必須に。

持続化給付金2020年設立した中小企業の申請書類は?税理士署名が必須に。

持続化給付金の対象要件が拡大し、6月29日から申請が開始されました!対象者はこちらの記事でまとめましたので参照にしてください。

また、個人事業主が提出する申請書類はこちらの記事にまとめました。

この記事では、2020年創業した中小企業者の提出する申請書類をわかりやすくまとめましたので、申請の参考にしてみてください。

Advertisement

申請書類は?

2020年に設立した中小企業が必要な申請書類は下記となります。

① 持続化給付金に係る収入等申立書(中小法人等向け)→税理士署名必須

こちらは書き方の見本となりますが、税理士署名が必須ということなので、税理士さんへ全て書いてもらってもよいかもしれません。

② 通帳の写し

表紙とめくって1ページ目の写真を撮るか、もしくはPDFにしてご提出ください。

③ 履歴事項全部証明書

会社設立の年月日が2020年1月1日から3月31日のものをご提出ください。

また、2020新規創業対象月の売上台帳は不要です。

Advertisement

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回中小企業も税理士さんのサイン・確認が必ず必要になってきますので、今後のことも考えて税理士さんへお願いするか、このサインだけ確認してもらえる税理士さんを探すか、悩むところでしょう。

こちらのサイトでも税理士さんへのご相談は可能ですので、お気軽にご相談ください。

持続化給付金申請HPはこちら