雇用保険説明会・コロナで中止の場合 失業認定申告書はもらえる?

雇用保険説明会・コロナで中止の場合 失業認定申告書はもらえる?

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当面の間ハローワークでは雇用保険説明会の開催を中止しています。従来の手続きから変わってどうしたら失業認定申告書をもらえるのか?どこへ提出すればよいのか?などをまとめました。

Advertisement

雇用保険説明会の中止の代わりは?

2020年8月現在も、コロナの中、3密を避けるために、全国のハローワークでは雇用保険説明会の中止など、なるべく来所しなくてもよいように動いてきました。

この、雇用保険説明会の代わりとしては

制度説明会のDVDをYouTubeにてアップしており

みておいてください、ということになっています。

失業認定申告書はもらえる?

ただ、今までの場合は雇用保険説明会の中で雇用保険受給資格者証失業認定申告書をもらうことが出来、第一回目の「失業認定日」を教えてくれる流れになるのですが、説明会がない場合はどうすればよいのでしょうか?

それは、初めての手続きの際に、もらえる雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり失業認定申告書が挟んであります。(例:横浜公共職業安定所の場合)この失業認定申告書の左下に印字されている日付及び時間帯が失業認定日となります。

雇用保険受給資格者証については、初回認定日に貰うことが出来ます。(ハローワークへ来所した場合。郵送の場合は郵送で送付してくれます。)

※念のため、注意したいところはこの流れに関しては、お住まいのハローワークによって対応が違う場合がありますので、必ず事前にお電話にてお問合せして実行してみてください。

失業認定日にもハローワークへ行けない場合

初回認定日にもハローワークへ行かなくてはならないのですが、まだまだコロナの影響で行くのが怖いかたもいらっしゃるかと思います。

その中で、たいていのハローワークでは、令和 2 年 9 月 30日(水)までに失業認定日が指定されている受給者については郵送による失業の認定手続きをしてもよいということになりました

郵送での認定手続きの方法

こちらは神奈川県で掲載されている方法です。お住まいが違うかたは各都道府県によって再度確認をしていただければと思います。

指定されている失業認定日の翌日から起算して7日以内の消印にて下記をハローワークへ郵送してください。

  • 雇用保険受給資格者証→初回認定日等で雇用保険受給資格者証がお手元にない方は、これ以外の書類を送付してください。
  • 失業認定申告書→備考欄に、「新型コロナウイルス感染防止のため安定所に来所困難」と連絡先電話番号を必ず記載
  • 返信用封筒(特定郵便で返送してくれるので切手なしでOK)
  • 不足書類(写真など)があった方は、一緒に送付

郵送事故防止のため、特定記録などで郵送したほうがよいでしょう。例えば、レターパックなどがお勧めです。

ハローワークでは、上記書類を受け取った後に、失業認定及び基本手当振込等の処理を行い、「雇用保険受給資格者証」と「次回の失業認定申告書」(支給終了となった方は、「雇用保険受給資格者証」のみ)を特定郵便にて返送してくれます。

まとめ

現在はコロナの影響で色々と流れや手続きも日によって変わっているのが現状です。実際ご自身が提出するタイミングで正しいことは各役所にお問い合わせいただくのが一番ではありますが、流れだけでも確認したい場合は是非こちらの記事などを参照にしてください。

失業保険手続きの流れ 記事はコチラから

◆失業保険はいくらもらえる? 解説記事はコチラから

Advertisement