失敗しない!よく落ちるクレンジングの選び方を学んで肌にあったものを選ぼう

失敗しない!よく落ちるクレンジングの選び方を学んで肌にあったものを選ぼう

情報に溢れている昨今、様々な雑誌やウェブの特集で、

「よく落ちるクレンジング」

なんてタイトルに魅せられてクレンジングを購入したものの、メイクがしっかり落ちたことがなかった経験はありませんか?

正直、私も使ってみないとわからないクレンジングなので、選ぶ前にきちんと調べておくべきだったと後悔したことがあります。

今回はそのようなクレンジング難民の方へ知っておいてほしい基礎知識をご紹介します。

 

クレンジングの選び方

クレンジングを選ぶ時。あなたはどうやって選んでいますか?ブランドですか?お値段ですか?容量でしょうか?

一番重要なことは

「自分の肌にあったものでメイクの濃さに応じて選ぶ」

ということなのです。

 

皆さんがいつもつけているファンデーションにはカバー力、紫外線カットの効果、など

様々な機能が強化されています。

これらの商品は油や界面活性剤を多く含んだクレンジングでないと落とせないものがほとんどだそうです。なので、

できるだけ肌に負担をかけないけれども落ちるクレンジングを選ぶことが重要になってきます。

 

クレンジングの種類

次にクレンジングの種類ですが、だいたい6種類に分類することが可能です。

オイル

リキッド

ジェル

クリーム

ミルク

その他

この6種類のクレンジングの中で自分の肌にあったものでメイクの濃さに応じて選べばより自分が欲しいものに近い商品にたどり着くことがきっとできます。

 

オイル

クレンジングオイルは、濃いメイクや落ちにくいメイクを落とすのに効果的です。

油分をベースにしているため、肌との摩擦を減らし、なめらかに肌の上を滑ります。

ただ、肌が必要とする皮脂や潤いも洗い落としてしまうともいわれているため、正しい使い方をしなければなりません。重要なのは肌にオイルを残さないこと。(ニキビ菌のエサになるため)そして、ごしごしこすらないこと、です。最低限この2点を守って使用しましょう。濃いメイクのみこちらを使うという使い方もオススメです。例えば、ウォータープルーフのマスカラやアイライン部分のみに使う、というような方法です。

Advertisement

リキッド

リキッドクレンジングは、基本的に水分をベースにしてつくられています。

水分が主成分ではありますが、油分が配合されているものもあります。オイルに近いほうがよいか、水に近い方がよいか、お好みがあれば成分表示を確認してみてください。

オイルよりも肌にやさしいという訳ではないのでオイルと同じく濃いメイクのみこちらを使うことがオススメです。

ジェル

他のクレンジング剤と比べて洗浄力は低くなります。

種類は「水性ジェルタイプ」と、「油性ジェルタイプ」に分類されます。

「水性ジェルタイプ」はさらにオイルフリーとオイルインにわかれます。

オイルフリーは油分でメイクを浮かせられないのでメイクを落とす力は弱めです。まつげエクステをされている人は油分の入っているクレンジング剤が使えないのでこちらはオススメです。オイルインはオイルフリーよりはメイクは落ちますが、油分の量が少ないためさっぱりとします。市販のクレンジングジェルはこのタイプが多めです。

「油性ジェルタイプ」は、主成分が油分のためメイク汚れは落ちやすいです。

 

クリーム

オイルやリキッドの次に洗浄力を持ったクレンジング剤で、油分と界面活性剤がバランスよく配合されています。

メイクの濃さにもよりますが、どんな肌の人にも使いやすいのではないでしょうか。

 

ミルク

お肌にやさしいというイメージで人気なのがミルクタイプのクレンジングです。

メイクの落としやすさという意味では、メイクを浮かせるための油分が少ないので、メイクが落ちにくいという難点がありますが、メイクが薄い方や敏感肌の方が使われるとよいでしょう。

ただ、メイクの洗い残しによる肌トラブルの原因にもなりやすいので、気を付けてください

 

その他

ホットクレンジングやシート状のメイク落としなどがあります。

「ホットクレンジング」とは、発熱する成分が入っているクレンジング剤のことです。温感作用によって、肌が柔らかくなり、毛穴汚れが落としやすく、肌の必要な成分を残すといわれています。現在主流なのは、ジェル(ゲル)タイプのもの。乾いた手で使用することでうまくメイク汚れが落ちやすくなります。

 

シート状のメイク落としはポイントメイクを落とすのには最適です。ピンポイントで落とせるので余分な肌を傷つけません。

 

オススメのクレンジングは?

そこでオススメのクレンジングとは?と、原点に戻りますが、この記事で伝えたい結果は

「メイク落としはポイントで、肌を痛めないものを全体に」

でした。

下記の記事では実際に編集部員が試した数あるクレンジングよりオススメクレンジング3選をご紹介いたしますので、是非参考にしてみてください。

メイクが濃くてもしっかり落ちる!クレンジングを徹底検証おすすめ3選