人事

年末調整で未婚の母の書き方は?内容をわかりやすく解説

令和2年の年末調整では、未婚の母(未婚のひとり親)でも「寡婦控除」の対象になりましたこれは、未婚の母でも支払った税金が還付されるため、該当されるかたは内容を知っておくと役に立つ知識となります。(会社に伝えられなくて損をしては勿体ないです。)また、年末調整事務のご担当者のかたは間違えないように、年末調整で未婚の母の書き方をわかりやすく解説したいと思います。

年末調整で未婚の母の書き方は?

現在までの年末調整では、図のブルーの部分のように未婚の母だった場合は税制優遇措置はなく、ゼロ円でした。

令和2年度改正後は

  • 同一生計の子供がいること(子供は所得金額が48万以下の子)
  • 自分の所得が500万円以下であること(収入ではない点に注意)
  • 事実婚がない場合

この3つを満たし、年末調整の際に、異動内容の申告をしなくてはならないので、会社から案内があるとは思いますが、令和2年の最後に給与を受ける前までに、給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を、給与の支払者に提出してください。

書類を提出した結果、未婚の母(未婚のひとり親)に該当していると判断された場合には、所得控除額が35万円されることとなります。

扶養控除等申告書の書き方

年末調整時の未婚の母(未婚のひとり親)が扶養控除等申告書を書く場合ですが、書き方がわからなくて書けなかった、書き忘れた、という声をよく聞きます。また、年末調整事務をやられている人事のかたでも見落としがちの項目なので、要注意の項目となります。

こちらが、給与所得者の扶養控除(異動)申告書の原本となりますが、今年のフォーマットは新しいものではありませんので、どこにその情報を記載してよいかわからないと思います。そこで、国税庁のQ&Aでは下記のように記載してください、と、レクチャーがありましたので、参考にしてください。

この、「ひとり親」というワードが、今後、未婚の母(ひとり親)の場合の税務書類の共通認識となります。来年からはこちらの欄の特別の寡婦が「ひとり親」となります。

まとめ

年末調整の際に、未婚の母(未婚のひとり親)が今まで対象ではありませんでしたが、今回対象となったのは大きな変化ではないでしょうか。また、この制度とともに、「事実婚」に関しては逆に、控除がなくなる設計に変化していますので、改めて確認が必要となります。

ひとり親の定義はコチラから

☆2020年 年末調整書類リンク集はコチラより

-人事
-

© 2020 LOHAS美人