Organic&Lohas生活 グルメ

二子玉川のアップルパイ・ミートパイが絶品のお店とは?「M.Santa」へ行ってみた

2019年10月31日

田園都市線二子玉川駅徒歩3分、news everyのテレビ放映で話題になったアップルパイ・ミートパイの美味しい店「M.Santa」をご存知ですか?

アップルパイもミートパイも、長蛇の列が出来ていた絶品のお店。こちらで紹介したいと思います。

(2021年2月追記:こちらのお店はコロナ禍の影響で閉店しました。この場所にはpatisserie jun ujitaさんのお店が後継されて、ケーキと焼き菓子のお店になるようです。大変残念です。。)

二子玉川のアップルパイ・ミートパイのお店とは?

二子玉川の駅から二子玉川ライズ側へ出て徒歩2~3分のところへ「M.Santa」のお店はあります。

裏手なので、ノンビリした雰囲気のある道へ一軒家のようにお店は佇んでいます。

入口はこのような感じです。(☆撮影・取材はオーナー様に許可をとっております。)

店内は縦長でイートインが出来るスペースがありますが、テレビ放映の影響で混雑が続いており、現在はイートインはお休みしているそう。(2019年10月現在)

オープン時間10時には長蛇の列だったようですが、取材に行ったお昼時12時頃は比較的すいていましたので、この時間がまさにオススメです。

また、通常は17時までの営業となっていましたが、現在は14時15時くらいには完売して売り切れてしまうようでお店が閉まってしまいます。

当日の営業時間はフェイスブックページがありますので、当分は完売しているかどうかは確認したほうがよさそうですね。

お店の店主さまはとても素敵な女性のかたでした!

アップルパイ・ミートパイの素材や種類とこだわり

こちらのお店で有名なのはアップルパイ(ポム)と、黒毛和牛のパテ(ミートパイ)です。

注目すべきポイントは、ファミリーで材料を調達していることです

母親が育てた国産のリンゴと、父親が育てた新潟の牧場の黒毛和牛100%の黒毛和牛を使っているのです。

新鮮な国産100%の素材を使っています。

国産のリンゴは時期によって異なる品種を使っています。それぞれのリンゴの特徴にあった製法にて味付けをしているそう。

またインターネットではシナモン不使用のアップルパイを購入することが出来ますが、店頭ではシナモン+レーズンのシナモンありバージョンを購入することも可能です。

また、こちらのパイ生地が凄いのは、イースト、合成香料、乳化剤、マーガリン、ショートニング、白砂糖、着色料、防腐剤がすべて不使用

小麦粉も遺伝子組み換えではない国産小麦で毎日お店で自家挽きする減農薬栽培全粒粉を加えて香ばしい味わいとなっています。

砂糖を加えないことで甘すぎなく、何個でも食べることができる飽きのこない味になっています。

これ以外にもHP上では、キッシュやミルフィーユやバナーヌなどもありましたが、店舗では現在込み合っているため、主要商品のみ販売をされていました。

アップルパイ、シナモンありアップルパイ、黒毛和牛のパテ、キッシュ、プリン、焼き菓子です。

今回は

  • アップルパイ
  • シナモンありアップルパイ ¥480(税別)
  • 黒毛和牛のパテ ¥660(税別)

を購入して実食してみることにしました。

二子玉川のアップルパイ・ミートパイを実食

まずは、アップルパイを食べ比べてみました。

こちらが通常のアップルパイ、ポムです。

こちらがシナモン+レーズンです。

パイが甘くなくて林檎の甘酸っぱさが絶妙でとても美味しいです!バターの香りが林檎に絡んで、素材の良さを感じられるパイ。

また、シナモン+レーズンはレーズンの洋酒が効いていて少し大人なお味です

全く味わいが違うので、是非どちらも試してみていただきたいです。

また、黒毛和牛のパテですが、想像を絶する美味しさです。

この1品でしっかりと一食となりうる存在感が凄いです。

お肉はしつこくなく上質な味わいで、つなぎは卵のみ、少量の香辛料ということですが、お肉のウマミをここまで引き出すことができるシンプルな味つけ。

さっぱりとした甘すぎないパイにピッタリです。

こんなに美味しいミートパイを食べたのは初めてです。

お店の情報

いかがでしたでしょうか?

月に2~3回は通いつめたくなるこちらのお店。是非試してみてくださいね。

東京都世田谷区玉川2-1-16

営業時間 10:00~17:00 ※完売次第閉店

定休日 月曜日(祝日の場合は火曜休)・火曜日不定休

※定休日等はフェイスブックにて更新中 公式HP:https://www.pie-santa.com/

☆他にも二子玉川でアップルパイを試したいかたはコチラ☆

-Organic&Lohas生活, グルメ
-,

© 2021 LOHAS美人