LOHAS美人 美容・グルメ・投資

中古マンションを売る際、査定はどこで頼む?不動産売買を2回経験したOLが選ぶ方法とは?

2021年4月1日

中古マンションを売る際、査定や不動産仲介業者はどうやって選んだらよいでしょうか?

インターネットで検索すると不動産屋の広告サイトばかりで、口コミも多いわけではなく決めかねてしまいませんか?

この記事では、初めての不動産売買をするかたへ、マンション売買を2回経験したOLライターが査定をどこで頼むのがオススメかを記事にしました。

中古マンションを売る際、査定はどこで頼む?

中古マンションを売る査定を頼む方法としては

  • インターネットの一括査定サイト経由で各不動産会社に頼む
  • 大手や中堅の不動産会社へ頼む
  • 地元の中小不動産会社へ頼む

があげられます。

因みに、ライター自身は1度目の不動産購入は「賃貸の金額が勿体ないから資産に残そう!」というつもりで購入したのですが、離婚により売却。

そして、2度目も同じ理由で購入しましたが、今度は実家へ帰ることになり売却という珍しい実績を作りました。

その経験から、査定をしてくれる様々な方法からどこで頼むのがよいか?をメリットデメリットを織り交ぜて具体的に、コメントしていきたいと思います

インターネットの一括査定サイトで査定してもらう方法

中古マンションの査定をインターネットで検索した場合、上位に出てくるのは「一括査定サイト」です。

大手の住宅情報を取り扱う企業であるHOME’SやSUUMOだけではなく、多くの企業が「無料」で、一括査定をしてくれます。

こちらのメリットは、その名の通り

  • 沢山の業者の見積もりを無料でとることが出来る

ところです。

実際、売却活動には時間がかかります。そこで、沢山の業者の見積もりをとって比較検討できることで時短も出来ますので、業者を効率よく探すためには、手助けになってくれることでしょう。

デメリットとしては、

  • 一括サイト内の登録業者の中から選ばなければならない

ことです。

各サイトへ登録している不動産業者から選ぶことになりますので、そもそもそサイトへ登録していない業者は入りません

そのため、実際そのサイトへ登録している業者以外の業者でよい企業があっても知ることが出来ません。

大手や中堅の不動産会社で査定してもらう方法

次に中古マンションの査定をしてもらうため、大手・中堅の不動産会社に問い合わせる方法です。

こちらのメリットとしては、

  • 自分で不動産会社を選ぶことが出来る

というところです。

不動産はやはり人生にとって大きな資産となりますので、大手の業者だったり、上場会社など、信頼できる会社を選ぶことも一つの選択肢ではあります。

デメリットとしては

  • マンションの売却が得意な会社であるかどうか自分で見極めなければならない

というところです。

不動産業者は各社得意なところが違います。

実際自分が選んだ不動産業者が売却を専門としており、更に、物件エリアや種別などによっても得意な会社とそうではない会社があることを見極めなければならないわけです。

そこまで見極めて不動産業者を見つけることは初めて中古マンションを販売する方には少し大変かもしれません。

地元の中小不動産会社で査定してもらう方法

中古マンションの査定をしてもらうために、地元の中小不動産会社に問い合わせる方法ですが、メリットとしては

  • 自宅に近いため打合せなどを密にスピード感がもてる

という面があります。

また、地元の不動産屋さんなので、地元の不動産情報に長けているというメリットもあわせて挙げられます。

デメリットとしては、

  • 業者としてどこまで安心かはわからない

という点です。

その場合は、業者として安全かどうか宅地建物取引業の免許をとって、行政処分などもなく運営されているかどうか、など調べてみる必要があるかもしれません。

そのため、逆に時間がかかってしまう可能性もあります。

結果的に失敗しない不動産会社選びとは?

中古マンションの査定をしてもらう方法をあげてきましたが、

査定をしてもらうイコールその先にある不動産会社を見据えてお願いすることを考えると、査定を頼むことは不動産会社選びの始まりであると言えます。

そこで、私自身が売買をした際に不動産会社選びとしてリアルに大切にすべきと思ったところを挙げますと、

  • 査定金額の見積もりが高いところだけが一番ではないということ
  • 宣伝力があり、情報公開をしっかりとしてくれること
  • 自分のマンションを戦略を持って売ってくれること

です。

まず、査定金額の見積もりが高いところだけを選ぶこと自体はさして重要ではないと思っています。

じゃあ、何で決めるの?!と、思われると思いますが、私の経験上では、査定金額は「地域、広さ、築年数、駅徒歩」などで、だいたいの相場は決まってきてしまうから、そこを一番重要視しませんでした。

このことを知らないと、「業者の質」よりも「見積金額」で決めてしまって、かえって全く売れないことになる可能性があるからです。

見積金額はあくまでも、「見積」であって、実際の「売却価格」ではないのです。

見積金額が高くてもその金額で売る力が不動産会社になければ結局どんどん値下げしていかなければならなくなってしまいます。

こういった状況も踏まえ、

私が考える一番重要なことは、宣伝力があり、情報公開をしっかりしてくれる不動産会社です。

つまり、自分の物件がいくらよい物件だとしても、知ってもらう機会がないといつまでも売ることが出来ない、ということです。

特に、地元の不動産会社などでは、地元へのポスティングなどをしてはくれるのですが、ポスティングで購入に至るケースはほとんどないということがわかっています。

そうなると、ネット上での販売力が高い方が有利に働くことは間違いないでしょう。

そこで、古い業界である不動産業界の風穴を開けた会社である「AI×不動産」で話題のRENOSYが最近選ばれているということだったので話を聞いてみました。

そこで衝撃を受けたのが、RENOSYのサイトは月間のページビューが280万もあり、月平均の問合せ数が約1420件で、認知度が圧倒的に高かった事です

一都三県の不動産売買に絞られてはしまいますが、RENOSYでは、更に、オーナーメリットを最大化することを一番に考えてくれている会社のため、書類をオンラインや電子決済などで完結してくれるとのことでした。

これだけでも、忙しい会社員の不動産売買には最適だと思えるポイントです!

現在、オンライン無料面談を開催中なので、中古マンションの査定を考えているかたは、この機会に是非一度お話を聞いてみてもよいかもしれません。

RENOSY(リノシー)「マンション売却査定」【GA technologies】

まとめ

中古マンションを売る際、査定はどこで頼むかをご紹介してきました。

人生でそう何回もない不動産売買だからこそ、一番大切なのがスタート地点だと思っています。是非、こちらのブログ記事も沢山の情報を収集して決定するための参考にしてみてください。

(※この記事は実体験を元に作成したものではありますが、効果や高額売買を保障するものではありません。予めご了承ください。)

-LOHAS美人, 美容・グルメ・投資
-, ,

© 2021 LOHAS美人