休業手当が出ない場合の労働者向けの新給付金の内容とは?

休業手当が出ない場合の労働者向けの新給付金の内容とは?

雇用調整支援金などで休業をした労働者へ休業手当を支払うはずが、支払ってもらえなくて苦しい労働者のかたはいらっしゃるのではないでしょうか。

特に、中小企業であったり、また、雇用調整支援金は申請が難しく、社労士さんが入ってもうまく給付されていないという声がチラホラ聞こえます。

そんな中、手当がもらえない労働者のかたが直接申請できる新給付金である新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金が、近日(10日予定)申請が開始されるという発表がありました。では、内容はどうでしょうか?まとめてみました。

Advertisement

新給付金の内容とは?

主な概要は

コロナや防止の措置の影響により休業させられた中小企業の労働者のうち、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった方に対して、労働者の申請により給付金を支給する

という制度です。

対象者は?

対象者は

令和2年4月1日~9月30日までの間に事業主の支持を受けて休業(休業手当の支払いなし)した中小企業の労働者

です。

支援金の算定方法は?

算定方法は、

(休業前の1日当たり平均賃金×80%)×(各月の日数(30日OR31日)-就労した又は労働者の事情で休んだ日数)

※1日当たり支給額は1万1千円、最大33万円

になります。

平均賃金とは、算定事由が発生した日以前の3か月間に支払われた賃金の総額を、3か月間の暦日数(総日数※)で割ったものが、1日当たりの平均賃金となります。

Advertisement

必要書類は?

必要書類は5点ほどあります。

①申請書

②支給要件確認書

事業主の指示による休業であることの事実を確認するもので、事業主及び労働者の署名が必要です。

③本人確認書類

④口座確認書類

⑤休業開始前賃金及び休業期間中の給与を証明できるもの

になります。

Advertisement

申請方法は?

7月10日から郵送の予定です。オンラインも準備が出来次第申請を開始するということです。

労働者本人からの申請のほか、事業主を通じての申請も可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

休業したのに、なかなか手当をもらえず困っていた人もようやく申請が開始されます!安心してください。

詳しくはこちらのHPを確認してください。