税理士事務所に未経験で就職・転職したい人・した人が始めに読むオススメな本

税理士事務所に未経験で就職・転職したい人・した人が始めに読むオススメな本

 税理士事務所・入社1-2年目のスタッフ、未経験でこれから税理士事務所で働きたいけどイメージが沸かないかた、そして、中小企業の経理や総務部など複数の管理を担っている皆さんに最適な本が出ました。実際、ライター自身も税理士法人へ勤め始めて2年目までは、バタバタで仕事を教えてくれる人もいなかったため自力で仕事をすすめてきましたが、この本がその時にあったら!と思うクオリティが高い内容ですので、ご紹介したいと思います。

Advertisement

税理士事務所に未経験で就職・転職したい人とは?

  • 学生時代に簿記を勉強していた。
  • 税理士を目指すことにした。
  • 経理だけではなく税務の知識をもっと身につけたい

などなど、こんな方々は税理士事務所で働く夢を持っているのではないでしょうか?

また、既に働き始めているかもしれません。

ただ、未経験で入社してみたら実は理想と現実が違うこともあります。そんな理想と現実のギャップを埋めてくれて、そのうえでどのような業務を行うのか詳しく教えてくれる本がこの「税理士事務所に入って3年以内に読む本」です。

この本を知ることで、働く前と働いた後のギャップを少しでも減らしてくれます。

Advertisement

「税理士事務所に入って3年以内に読む本」とは

この本のもっとも良いところは

税理士事務所の1年間の動きが月ごとにわかる(4月~3月)ところ

です。

この本の流れは新人所員が経験する初めての業務内容を、税法の垣根を越えて取り上げていて、 先輩と新人コンビが、最近流行りの会話形式なので気軽に読むことができます。

また、月ごとというのが結構ポイントで、税理士事務所では

その月に必ずやらなければならないこと

という作業があります。例えば源泉所得税の納期の特例の支払いだとすれば6月と1月であったり、1月の法定調書の提出や償却資産税の提出であったり、そういったマストの月行事を見逃さないでこなすことが出来ます。

また、ラインのようなやりとりやわかりやすい図や表などを用いての説明もとても理解しやすくしてくれています。

今までもこういった税理士事務所でやるべきことなどの本が出版されたこともありますが、ここまでわかりやすいものはなかなかなかったのではないでしょうか。

税理士の勉強あるある、で、例えば法人税・所得税・相続税、など、科目ごとに勉強をしている場合に、その一つの科目だけがわかっていても

小さい税理士事務所では役に立たないことが多分にあります。

何故なら、一社の税務を全て見る際には法人税だけが出来てもダメだからです。当然ですが、消費税や地方税もありますし、償却資産税も関わってきます。支払調書の合計表の仕事もありますし、給与計算までやる事務所もあるのです。

ですので、税理士の資格を取ることとは別に税理士事務所では

オールラウンダーであること

も、求められます。

これは、初めに入社するときに必要な知識ということではありません。こういった仕事がある前提で、入社することがお互いのすれ違いをなくすために大切なのです。

Advertisement

この本を読んだ人の声

2020年4月に発売してから、とても評判がよい本ですが、このような声が聞かれます。

月ごとにやることや注意することが書かれているので、今月のところから読み始めることができます。

それからLINEのような会話形式なのがすごく見やすい!!キャラも可愛い。

私自身は会計事務所の職員ではなく、超零細企業の経理担当ですが、もう何年もよくわからないままやってきたので、『そ、そうだったのか…』と目からウロコがポロポロ落ちる内容でした!!

余白部分も結構あるので、手元に一冊置いておいてそこにどんどんメモも書き込んでいけるし、自分だけのマニュアルを作る感じで使っていこうと思います。

あと、まだ試してないけど(笑)、電子版も付いてて持ち歩けるみたいなので、通勤でも読みやすいのがありがたい!

零細企業の経理担当者です。
税理士さんからの助言や指示をより深く理解するため購入を決めました。

月毎にやるべき申告や押さえておくべき税制がコンパクトに会話形式でまとめられています。
誰もが思う「何でこの書類を申告しなきゃいけないの?」という問いにテンポ良く答えられているのも有り難い。そうそう、私もずっとそう思っていたと頷きながら頁を進めました。
読者への励ましや思いやりが随所に見られ、単に知識を詰め込む為だけの本ではなく、辛くなったときに基本に立ち返り何度も読み返したい一冊になるのではないかと思います。

私は最初、税理士事務所に入った頃は何も分からないし、教えてくれる上司もいなかったので
その頃にこの本と出合えていたらもっとスムーズに事務所の仕事に馴染めたかもな~って思いました。

Advertisement

まとめ

いかがでしたでしょうか?「税理士事務所に入って3年以内に読む本」などの税務の人気本はわりとすぐに絶版しがちなので、是非一度これから働く人や今後働くつもりがあるかたへ手に取ってほしいと思います。

今現在まだ転職できていないというかたへは、MS-JAPANへの登録がおすすめです。税理士事務所への転職実績が多く、沢山の求人を持っていますので、是非登録をしてみてください。

経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】 会計事務所オススメNo.1ソフト マネーフォワード クラウド会計
Advertisement