テレワークとは?中小企業こそ導入を検討してみては?

テレワークとは?中小企業こそ導入を検討してみては?

新型コロナウイルスによる感染の恐怖により、働く人々への働き方の変化が余儀なくされています。

そんな中、今話題のテレワークに関して導入をするべきかどうか迷っている会社も沢山あるのではないでしょうか。

突然ですが、ダーウィンはこう言いました。

●●●
ダーウィン

「最も強い者が生き延びるのではない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。」

と。

過去のしがらみや未来の不安にとらわれず、現代の状況を見極めて変化していくことが出来る会社がきっと生き残ることが可能です。

この記事では、初めてのテレワークを悩んでいる方々へ、わかりやすくテレワークのメリットとデメリットを解説したいと思います。

Advertisement

テレワークとは?

テレワークとは総務省のホームページでは、

ICT( Information and Communication Technology)と呼ばれる情報通信技術を活用し、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと

と定義しています。

テレワークは中でも働く場所によって、

在宅勤務・・・自宅を就業場所とする勤務形態。

モバイルワーク・・・外出先移動中、カフェなどを就業場所とする勤務形態。

サテライトオフィス勤務・・・オフィス以外の遠隔勤務用の施設を就業場所とする勤務形態。

の、3つに分かれています。一般的には在宅勤務がテレワークというイメージですが、これを見ると定義のうちの1つということになります。

テレワークのメリット

テレワークのメリットは色々ありますが、大きくわけて3つにまとめることが出来ます。

災害時のリスクヘッジ

今現在の状況がまさにそうです。災害時に、会社へ行くことが出来ない環境になったときに、業務が滞らないのがテレワークの最大のメリットだと言えるでしょう。

貴重な人材の流出を防ぎ、離職率が低下する

誰しもがいつ何が起こるかわかりません。例えば、親の介護であったり、出産であったり、自分の病気もそうです。そんな時に貴重な人材が辞めなくてはいけない環境は経営者としては避けたいところです。もし、テレワークの体制が整っていれば辞めなくてもよい可能性があるからです。

実際、テレワークを導入した企業の離職率が低下したという結果も出ています。

人を採用するコストは出生率の低下に伴い今後もあがっていくと予想されますので、貴重な人材を手放さないための方法の一つであると言えそうです。

トータル的の経費削減

テレワークを導入する際には一時的にお金がかかるかもしれませんが、実際のランニングコストは減る会社がほとんどです。

例えば、社員の通勤交通費やオフィスで利用する様々な消耗品費も軽減できます

また、例えばオフィス自体をレンタルオフィスなどにして働いている会社も増えています。オフィスの賃料は年間でもかなりの金額になりますので、大幅の経費削減にもなります。

さらに、導入時にかかる一時的な資金に関しては後述しますが、国や地方自治体の補助金などもありますので、そういった補助金の出るタイミングで導入するのも賢い方法だと思います。

Advertisement

テレワークのデメリット

今度は逆にテレワークのデメリットです。勿論、メリットばかりではありません。

従業員間の不公平感が出る可能性がある

これは、全員がテレワークを使える仕事ではない場合に発生する問題です。

ある従業員は在宅勤務、またある従業員は会社まで通わなければならない、という時に不公平を感じてしまう人がいます。

そういった社員間の溝が深くなってしまうと、業績や経営にも問題になってきてしまいます。

コミュニケーションがとりづらくなる

オフィスがないと明らかにコミュニケーションがとりづらくなります。

オフィス内にいれば、ちょっとしたことでも聞けたことが、テレワークだと聞けなくなってしまいます。

その他にも、マネジメント層が部下の行動を把握しづらいという問題もあります。

情報漏洩のリスクがある

在宅ワークになると、パソコンを会社からもし支給しない場合には、セキュリティの問題があげられます。

会社から支給したパソコンだとしても、例えばどこかでパソコンをなくしてしまったりなど、情報漏洩のリスクは社内にいるよりは確実に増えます。

そういった部分に関しては改めて就業規則の策定や従業員への研修や周知・徹底が必要になってきます。

Advertisement

中小企業の導入がオススメの理由

メリット・デメリットを見てきましたが、中小企業では特に人数も少なく少数精鋭の企業が多いでしょうから、一人一人の役割がとても重要でしょう。

また、もしオフィスに行かないと仕事が出来ない環境でいた場合に今回のような世界的な未曾有の災害が起こった場合に、人が辞めてしまったとしたら、人を採用することも時間やお金がかかるでしょうし、難しくなります。

そういった場合のリスクヘッジとしても、テレワークを導入することがオススメなのです。

デメリットを先ほどお伝えしましたが、デメリットを解消できるような方法も今は沢山あります。

登録無料でオフィスのように働けるテラシーのようなクラウドシステムも出てきています。まずは一度無料登録して使ってみるのもよいでしょう。

国や地方自治体の補助金を活用しよう

無料のシステムなどを使うのもよいですが、最近では、各所でテレワークの補助金が増えていますので、それを使うのも一つの手です。

実際、今一番使えるのは東京都の助成金(最大250万円、要件あり)です。詳しくはこちらの記事をご参照ください。

要件にあえば、パソコンなどのハードなどの購入などから補助金が出る可能性もあります。

こういった補助金は申請書類の提出がややこしく面倒くさいのですが、成果報酬で承ってくれる社会保険労務士さんもいますので、是非調べて活用してみてはいかがでしょうか。

Advertisement

☆テレワークのメリット・デメリットを社員視点で紹介

☆オススメのテレワークツールはコチラ☆

中小企業でもオフィスのようにテレワークが導入できる!最新のシステムが提供開始