東京大神宮は恋愛のパワースポット!縁むすびおみくじとお守りでご利益をもらおう

東京大神宮は恋愛のパワースポット!縁むすびおみくじとお守りでご利益をもらおう

飯田橋から徒歩5分、都会のビルが立ち並び、サラリーマンが行きかう一角に、大きな鳥居と緑に囲まれた神社が現れます。

その一角だけ、通常の時間とはまったく違う異空な雰囲気を漂わせているので、すぐにわかると思いますが、そこにあるのが東京大神宮です。

都会の中の安らぎも感じられるこの東京大神宮は、東京では恋愛のパワースポットとして、最も有名な神社といえるのではないでしょうか。

そんな東京大神宮に関して調べて来訪してみました!

東京大神宮のご由緒

この、東京大神宮は、「東京のお伊勢様」と呼ばれており、伊勢神宮の神々を祀っています。

なぜ、そのように呼ばれるようになったかにはきちんととした理由があります。

時はさかのぼって江戸時代。

伊勢神宮への参拝はその時代の人々の生涯かけての願いでした。

しかし、江戸時代には江戸から伊勢神宮への参拝は遠い道のりでした。

ですので、明治の新国家が誕生した際に、東京にいても伊勢神宮にお参りするのと同じご利益があるように、と、

明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京で明治13年(1880年)に建てられたのがこの東京大神宮となります。

御祭神は

天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)(伊勢神宮内宮の御祭神)・・・日本人の総氏神

豊受大神(とようけのおおかみ)(伊勢神宮外宮の御祭神)・・・農業・諸産業・衣食住の守護神

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・高御産巣日神(たかむすびのかみ)・神産巣日神(かみむすびのかみ)(造化の三神)・・・・天地万物の生成化育・結びの働きを司る

倭比売命(やまとひめのみこと)(天照皇大神の御杖代)

 

です。

東京大神宮では伊勢の大神様と共に、万物のムスビに強いお力からを発揮される造化の三神をご祭神とし、

また、日本で最初の神前結婚式を執り行った神社でもあるゆえんから

「縁結びの神様」と言われています。

縁結びおみくじを引いてみよう

実際、縁結びおみくじが内容はどのようなものか、引いてみました。

こちらのおみくじは1回200円。おみくじを引くと、巫女さんが麦茶を一緒に差し出してくださいました。(春夏の参拝でしたので、季節によって変わるかもしれません)

おみくじは香り付きでしおりとして持ち歩くことが可能です。

2度、楽しむことが出来て、なんとも女性にとって嬉しい仕様となっております。

内容は、「〇吉」のような記載と、恋の俳句が印字されており、風流な気持になることが出来ます。

因みに通常のおみくじは1回100円~です。

※上記の縁結びみくじと同じ場所で巫女さんが販売していました。

また、このほかにも、色々なおみくじがありました。

現在では、外国人のお客様向けに、英語での案内やおみくじもあったので、海外旅行者のかたも楽しめるのではないでしょうか。

縁結びのお守りは?

縁結びのお守りはとても沢山の種類があります。

 

御朱印ガールも沢山来訪

今「御朱印ガール」なんていう言葉も生まれているように、御朱印を集めることがひそやかなブームになっておりますが、御朱印ガールも沢山いました。

東京大神宮の御朱印帳は3種類あります。その中でもこちらの蝶々柄のものがとてもキュートだったので購入しました。

記帳してもらったら、可愛いシールがついてきました♡

また、令和になったばかりだったので、記念のミニクリアファイルもいただきました。

ここでは、御朱印帳の記帳を待つ場所があり、座って待つことが可能です。

夏には風鈴とミスト散布、外用の空調機器もおいてあり、至れり尽くせりな中で快適に待つことが出来ます。

風鈴の風流な音と、緑の自然の香り。本当に都会とは思えない、時が止まってしまったように美しい瞬間に出会えます。

更に印象的だったのはお賽銭の奥で結婚式を行っているところが見えるところです。

縁結びの神様がいるので、結婚式もとても頻度が高く行われているようです。時に、お参りする場所へ白無垢の角隠しをしているお嫁さんが出てくる場面がありますが、とても美しく、見ていて幸せな気持ちになることができます。

女子会で集まる時の1つのスポットとしても楽しめそうな恋愛パワースポット。

恋愛・結婚などの頼みごとがある際には是非足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

 

東京大神宮

http://www.tokyodaijingu.or.jp/

所在地:東京都千代田区富士見2-4-1

最寄り駅:飯田橋徒歩5分

☆合格祈願なら穴場なコチラの神社へ☆

合格祈願!知る人ぞ知る勝負に勝つお守りを東京九段の築土神社で手に入れよう!

Advertisement