家賃支援給付金で契約書がない場合は申請できるの?

家賃支援給付金で契約書がない場合は申請できるの?

家賃支援給付金の申請が7月14日~申請開始されるにあたって、支給の対象となる事業者や、添付書類に関しての記事を執筆しました。この添付書類のうちの1つ、賃貸借契約の契約書がない場合は申請出来るのでしょうか?人事・経理コンサルタントが情報をまとめました。

Advertisement

賃貸借契約書がない場合とは?

今回の家賃支援給付金の提出書類である「賃貸借契約書」ですが、結論から言うと、

ない場合でも実態があれば申請が可能です。

また、「ない」という場合に、2つの「ない」が存在します。

賃貸借契約ではない形態で契約をしている場合

と、

契約書自体が存在しない場合

になります。この2つの場合は提出する資料が異なります。

例えば、

レンタルオフィス

などで、契約書は存在するけれど、賃貸借契約ではない場合は上記の①になりそうです。ただ、契約書もなければ②となります。こちらは、家賃支援給付金のコールセンターに電話で確認したのですが、まだはっきりとしたことはわからないということでしたが、おそらく①か②に当てはまるだろうということでした。

①の場合は、まずは、貸してくれている企業・事業者に連絡をとってみてください。

企業の場合だと、経済産業省が業界団体が作成するべきガイドラインを設けているものに該当するとまた添付資料が変わってきます。

また、②の場合の必要書類に関しては申請受付開始時までに様式を公表予定ということなので、しばらくお待ちください。

☆NEW→こちらのサイトへ様式がUPされました☆

Advertisement

まとめ

いかがでしたでしょうか。

家賃支援給付金では、契約書がなくてもそれに準じるものがあれば申請は可能ということがわかりました。

諦めずに、是非情報を集めてください。このサイトでも出来る限り情報を更新していこうと思います。

Advertisement