在宅ワークに資格はいるの?主婦が始める在宅ワークのオススメ資格まとめ

在宅ワークに資格はいるの?主婦が始める在宅ワークのオススメ資格まとめ

新型コロナウィルスの影響で、世帯の稼ぎが減ってしまったかた、もしくは、自分の自由になるお金が欲しい主婦のかたなど、自宅で出来る在宅ワークを仕事にしたいと思っている人は近年確実に増えています。確実に増えているからこそ、他にはない資格がないと戦えないのでは?と思っていませんか。

実際のところ、資格が必要な場合と資格がなくてもできる場合とどちらも存在するのが事実です。また、資格がなくても知識がないとできないというものもあります。

資格がなくてもできる在宅ワークに関しては他の記事で執筆しますが、この記事では、在宅ワークで持っているとオススメな資格をご紹介したいと思います。

是非参考にして、まずは資格をとるのか、焦らずじっくりと検討してみてください。

Advertisement

在宅ワークのオススメ資格とは?

在宅ワークでオススメの資格は大きく分けて3つにわかれます。

事務系の資格、クリエイティブ系の資格、開業系の資格です。

まずは一つずつ詳しく見ていきたいと思います。

事務系の資格

事務系の職種とは、人事・経理・広報などから、一般事務や営業事務、英語の翻訳などの仕事があげられます。

これらのオフィスワークで興味を引く資格といえば、

秘書検定

簿記検定

マイクロソフト認定試験(MOS)

ビジネス文書検定

TOEIC(600点以上)

でしょう。

特に、経理などは簿記の資格があることや税理士事務所などの経験年数によって、もらえる報酬の額も変わってきます

また、翻訳に関しても、資格や経験があることが前提になっていることもあります。

それ以外の一般事務などに関しては資格は目安程度だと思ってもらって大丈夫です。

上記の資格は独学でも出来るものが多く、あって困ることはありません。

いつの時代にも求められる税務知識や日商簿記3,2級など経理に役立つ100講座が学べる動画サイト
のような勉強サイトもあるので、 資格をとる参考にしてみてください。

Advertisement

クリエイティブ系の資格

クリエイティブ系の職種としてはIT関連、Webデザイナー、イラストレーター、動画クリエイター、ライターなどがあります。

IT関連の資格は国家資格とベンダー資格と言われるものがあります。

その中でも、ある程度勉強をすれば合格できる資格としては、

国家資格の中では、

ITパスポート

基本情報技術者

また、ベンダー資格では

マイクロソフト認定試験(MOS)

などが、初心者向けの資格とされています。ただ、フリーランスでIT関連で本気で働きたい場合は、

プログラミング

の力をつけることが資格よりも必要だと思いますので、プログラミングのスクールに通うことが一番手っ取り早いかもしれません。

上記、IT以外のWebデザイナー、イラストレーター、動画クリエイター、ライターでは、特に有利になる資格はありません。

逆に言うと、資格はありませんし、確実に実力と経験値の世界になります。それでも、こういった職種で在宅ワークのお仕事をしたい場合は

通信講座を受講して、実力を磨いてから応募するという方法もあります。

もしくは、フォトショップやイラストレーターなどの使用歴などや過去に作った作品があれば有利になります。

Advertisement

開業系の資格

開業系の資格としては、士業などが挙げられます。

弁護士、公認会計士、司法書士、税理士、社会保険労務士、行政書士、ファイナンシャルプランナーなどです。

これらの科目の勉強時間を考えるとおそらく年単位で予定をたてなければならず、はるかに時間がかかりますので、元々資格をお持ちである以外すぐに稼ごうというわけではなく、時間をかけて資格をとって開業していく決意があるかたへオススメです。

資格を持ってフリーランス登録サイトへ登録しよう

色々な資格があることがご理解いただけたかと思いますが、現実的に直ぐ形になるのは

事務系の資格をとること

です。

また、資格がなくてもできる仕事も一部紹介しましたが、資格がなくても経験年数を見る仕事も、初心者向けのお仕事もありますので、資格がなくてダメとは思わず、是非チャレンジしてみてください。

そして、準備が出来たら早速フリーランスの登録サイトへ登録をして仕事を探してみましょう。

大手だと、ランサーズやクラウドワークスなどが有名ですが、

業界手数料最安値のBizseek
などは、穴場だったりしますので、あわせて登録してみるとよいです。

お仕事を探す際にほとんどの在宅ワーカーさんたちは1社だけではなく、複数サイトに登録しています。

何故なら、複数サイトに登録したほうがより沢山の案件を見て、仕事につながる可能性があるからです。

応募したからといって簡単に仕事がもらえるわけではないのが難しいところです。

その際に有利に進める一つの手段としては登録の際に、「本人確認書類を登録する」という項目があるので、登録することです。

お仕事する時に、お互いの信頼関係を築くことはとても大切なことなので、是非少しでも仕事をもらえるための努力をしていきましょう。

まとめ

結局のところ、資格はあってもなくても本人の実力次第というところが大きい在宅ワークではあります。

ただ、日本人は資格が好きなのである程度の「はく」としてつけることが安心材料の一つとなるならばその努力をすることも無駄にはなりませんよ。

Advertisement

主婦の初めての在宅ワークの種類の紹介はコチラから☆

主婦におすすめ!初めての在宅ワークの種類とは?在宅ワーク最前線。