「愛の不時着」ロスにおすすめ!韓流ドラマ歴15年主婦が選ぶ作品3選

「愛の不時着」ロスにおすすめ!韓流ドラマ歴15年主婦が選ぶ作品3選

「愛の不時着」でヒョンビンにはまってしまったため、いつまでも胸に残るこのロス感覚。。。その気持ちを新しい作品で埋めたいと思ったあなたへ、15年以上の韓流ドラマファンである主婦への取材で教えてもらった韓流ドラマの名作を3作品ご紹介します。

雲が描いた月明かり(2016年)

主演男優は2020年8月、軍に入隊のパク・ボゴム。気さくで演技力が高く、日本でも大人気の俳優です。お茶目さと男らしさを併せ持つ極上のツンデレ王子を演じ切ります。

あらすじ

幼い頃から男装して生きてきたサムノムことラオン(キム・ユジョン)は、恋愛相談の専門家。ある日、「自分の代わりに恋する女性に会ってほしい」という男性の依頼をしぶしぶ引き受けるが、その相手とは一国の姫であるミョンウン公主だった。
ミョンウン公主の兄で皇太子のイ・ヨン(パク・ポゴム)は妹に恋文を送る男の正体を突き止めるため、ラオンの前に姿を現す。驚いたラオンはヨンを落とし穴に置き去りにして逃げ出すが、借金のカタに内官として宮殿に売られ、ヨンと再会してしまう。やがて皇太子に仕えることになったラオンは、ヨンの正体を知ることに。ヨンはラオンが女性であることを知らないまま、友情を超えた絆を感じるようになっていく。
一方、朝廷の権力者キム・ホンの孫であるキム・ユンソン(B1A4ジニョン)は
ラオンが女性であることを即座に見抜き、彼女に惹かれていく。
幼なじみでもあるヨンとユンソンは、ラオンをめぐって三角関係に陥る。

こちらの作品の感想をまとめました。

スカパーで偶然途中から見始めたら面白くて廉価版が出ていたので購入しました。パク・ポゴムの世子邸下が韓国ドラマ史上、最高に美しく、格好良く、チャーミングでKing of 世子邸下だと思いました。ついでに書きますと日本版の箱の題名のレタリング文字がピンクでデザインが悪いので観るのが遅くなってしまいましたが、韓国版のもの等はシックなデザインで見た目も落ち着いていていいです。日本版の韓ドラの商品のデザインのダサさ(ピンク色多用や不必要にキラキラにデザインしたりするの)は何とかならないのでしょうか?デザイナーさんはシックにデザインしても上司の決定権を持つ偉いオジサン方がキャピキャピデザインを採用するのでへんてこなデザインが採用されてしまうと聞いたことがあります。DVDもCDもデザインがシックならもっと早くドラマを観ていただろうと残念でした。 

ヒロインが可愛くて、周りを固める男子が皆イケメンでかつ皆さん演技力があり、助演の俳優たちも魅力的で要するにストーリーも全てお気に入りなので、韓流好きの叔母に買ってあげました❗

このドラマの主役がマジにカッコいいです、毎回見る度にドキドキしてます。このドラマをキッカケに韓流にどハマりしました。日本人には居ませんね!本当にカッコいいです。

パク・ボゴムの作品を見たら本当にはまってしまいますよ!是非こちらの作品は視聴してみてください。

AmazonPrimeVideoは、30日間無料でその後は月額500円で登録されたDVDが見放題だけではなく、登録された本が無料で読むことが出来たり、Amazonの配送指定が出来たりとお得なことが盛り沢山です。年間契約だと月額408円で、他の動画配信サービスよりも格段にお得です。ただ、この作品はレンタルでお金が別途かかるので確認してみてください。

AmazonではDVDBOXも発売しています。(前編) (後編)

ボーイフレンド(2018年)

「雲が描いた月明り」から2年後、アジア各国のファンミーティングでも人気沸騰、2019年3月には歌手としても日本デビューを飾ったパク・ボゴムが初めて主演する現代のラブロマンスです。
自由な魂あふれる若者が年齢も社会的身分も違う女性と恋に落ち、自分の信じた道を突き進んでいく姿を、ボゴムならではの透明感あふれるピュアな持ち味と輝かしいビジュアルで好演しています。
“国民のボーイフレンド”として熱狂的支持を集め、さらに世界的な人気を得た本作が、ボゴムの“最高の代表作”となるのは間違いないと言われた作品です。

2020年7月23日(木)よりBS12で放映中です。

あらすじ
何不自由なく暮らせても自由がない傷心ヒロインの心を癒したのは、ある青年(ボーイフレンド)との出会いだった–
おとぎ話のように美しいピュアラブストーリー!裕福に生まれながらも一度も自由を知らず、傷つき、愛を知らない女性チャ・スヒョンと、果物屋の長男として育った純朴な青年キム・ジニョク。
異国での出逢いから一転、ホテルの代表と新入社員として再会した2人は、
運命に導かれるかのように惹かれあう。純粋に自分の想いを伝えるジニョクの前向きな姿勢は、“氷姫”と呼ばれるほど無感情の仮面を被って生きてきたスヒョンの心を次第に溶かしていく。
だが、2人の前に立ちはだかるさまざまな障壁…。
権力のために打算としがらみに生きる人々からの妨害や世間の偏見の目にさらされるが、何があってもジニョクは決して動じず、周囲の目線も気にしない。
そんなジニョクに抗えず惹かれていってしまうスヒョンの葛藤に切なくなり、
そしてスヒョンを守るために成長していくジニョクの行動がトキメキ指数を刺激してやまない!
困難を乗り越えながら愛を育んでいく彼らの姿に感情移入しながら、その愛の力に癒され、いつの間にか自然に涙があふれてくる。

この作品の感想をまとました。

2人のお互いを思いやる愛に胸が熱くなりました 見つめあうところが素敵💖 こんな年下の彼氏がいたらなあ

何回泣かすねんって思うほど、感動しました。
スター同士のドラマですが、期待以上でした。
ラブストーリー好きなら、観て損は無いです。

最近の韓国ドラマにしては珍しく、ゆったり話が進むのですが、パクボゴムとソンヘギョの、回を経るごとに相手を思いやる慈愛に満ちた演技、仕草、そして温かい雰囲気を支える周りの役者さん、OST、セリフの感性、ぐっと心を掴まれた作品でした。

AmazonではDVDBOXも発売しています。1)(2

太陽を抱く月(2016年)

主役のキム・スヒョンの演技力にこのドラマにはまった人が多数存在しています。時代劇をあまり見ない人も、こちらの作品のラブロマンスはまたみたいと思わせる作品になっています。今回、韓流ドラマファンの主婦の取材で、一番オススメされた作品です。

あらすじ

太陽のように輝く王子フォン(キム・スヒョン)、優しい月のような少女ヨヌ(ハン・ガイン)。二人は運命に導かれるように恋に落ちるが、婚礼を目前にヨヌが病で命を落とす。その陰には、朝廷の権力争いによる陰謀が…。8年後、若き王となったフォン(キム・スヒョン)は、未だヨヌを忘れられずにいた。だが彼女は、過去の記憶を失うも巫女として生きていた。2人の数奇な運命と切ない愛を描くファンタジー・ロマンス史劇です。

ドラマを見た人の評価です。

久しぶりに観たらやっぱり感動しました。キム・スヒョンは若いけど凄い演技派だと思います。目で演技するというか、表情で演技出来るというか、主役に抜擢される素質はやはりありますね。「トンイ」とどこか少し似たドラマですが、何回見ても感動します。やっぱり時代劇が似合ってると思う。

主人公のキムスヒョンさんのファンで見始めました。とことん純愛を貫き通す姿勢に心を打たれました。何度もすれ違うたびに、早く気づいて!!と心の中で叫びました。感情移入しすぎて見ていて辛くなる場面もありましたが、とにかく、幼いころからの恋を貫き通す。できそうでなかなかできないと思います。ドラマだとわかっていても、かなり気をもみ、涙し、最後は心を癒されました。

絶対に観てほしい韓国ドラマの一つです。時代設定が現代ではないため、観ようか迷っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、一話を見てみれば先が気になってハマってしまうこと間違いなしのストーリーです。

AmazonPrimeVideoは、30日間無料でその後は月額500円で登録されたDVDが見放題だけではなく、登録された本が無料で読むことが出来たり、Amazonの配送指定が出来たりとお得なことが盛り沢山です。年間契約だと月額408円で、他の動画配信サービスよりも格段にお得です。

AmazonではDVDBOXも発売しています。(Ⅰ) (Ⅱ)

まとめ

いかがでしょうか?愛の不時着ロスのあなたの心の隙間を埋めてくれる作品は見つかりましたか?是非一度視聴してみてください。また、あらたな韓流ドラマの扉を開くことが出来るかもしれません。

ヒョンビン出演のラブコメディを見たい方はコチラの記事へ

ヒョンビン出演のラブストーリーを見たい方はコチラの記事へ

ヒョンビン出演の映画を見たい方はコチラの記事へ