経理・税務

1/2ページ

クラウド会計ソフトシェアは?中小企業・個人事業主利用の実態とは。

インターネットを見ていると、クラウド会計ソフトの広告が多く、クラウド会計へ世の中が移行しているように感じませんか?しかし、実際はどうなのでしょうか?クラウド会計ソフトシェアの実態と、企業規模にあった会計ソフトをご紹介したいと思います。 クラウド会計ソフトのシェアは? クラウド会計ソフトとインストール型の会計ソフトのシェアの違いは?というと、中小企業と個人事業主、それぞれ別々のアンケート調査が存在し […]

クラウド会計ソフト比較。一人社長・一人経理が実際使ってみてよかった理由

会計ソフトのクラウド化が世の企業に浸透してきました。会計事務所が利用する場合もそうですが、一人社長であったり会社の自計化を進める中小企業の中で本当に使えるクラウド会計ソフトとはどの会社のソフトでしょうか?ただの比較記事ではなく実際に税理士事務所勤務、経理・人事コンサルタントが会社のためにベストな選択を解説します。ぜひ、参考にしてください。 初めてクラウド会計ソフトを利用する場合のポイント 一人社長 […]

税理士事務所に未経験でも簿記2級あれば転職できる?

税理士事務所への未経験転職。例えば新卒で全く違う職についたけれども、 過去にとった簿記2級があれば税理士事務所へ転職できるのでしょうか? 実際転職活動はどうしたらうまくいくのでしょうか?この記事では、簿記2級があり未経験転職の経験があるライターが行った転職活動や未経験のデメリットなどをお伝えしたいと思います。 簿記2級あれば転職できる? タイトルにもしましたが、 簿記2級あれば転職出来ます。 これ […]

税理士事務所に未経験で就職・転職したい人・した人が始めに読むオススメな本

 税理士事務所・入社1-2年目のスタッフ、未経験でこれから税理士事務所で働きたいけどイメージが沸かないかた、そして、中小企業の経理や総務部など複数の管理を担っている皆さんに最適な本が出ました。実際、ライター自身も税理士法人へ勤め始めて2年目までは、バタバタで仕事を教えてくれる人もいなかったため自力で仕事をすすめてきましたが、この本がその時にあったら!と思うクオリティが高い内容ですので、ご […]

法人税・申告納付がコロナで期限延長できる場合とは?源泉税や消費税他も対象に。

コロナ禍の中、税金の計算及び支払いが厳しい企業が増えています。そんな方々へ、法人税等の期限延長の方法が公表されていますが、税金の申告期限が延長に出来る場合とはどのようなケースでしょうか?まとめました。 どのような場合に法人の個別延⻑が認められるか? それでは、どのような場合に法人の個別延長が認められるのでしょうか? 定義としては、 新型コロナウイルス感染症の影響により、法人がその期限までに申告・納 […]

コロナで住民税や固定資産税の支払い延長1年可能に。特例制度の対象とは?

コロナの影響によって税金を支払う事が困難な方へ、1年間、地方税(住民税や固定資産税など)の納税の猶予制度が出来ました。こちらの記事では対象者や概要をまとめました。 納税を納める日を延長できる「特例制度」の概要 国が出す文章はとてもわかりにくいので、わかりやすく説明をすると、 1年間・地方税の支払いを遅らせることが出来る というのがこの「特例制度」です。 この制度では、通常支払いを遅らせると必要とな […]

納期の特例・電子申告の方法を簡単に解説【一人社長・士業などの報酬有の場合】

源泉所得税の納期の特例で年に2回の申告を納付書ではなく電子申告で行うことが可能です。納付書が手元にない場合など焦らなくてもよいので、最近は電子申告のほうが人気のようです。 電子申告で行う場合にはe-taxの電子申請開始届の提出を完了し(即時完了できます)、利用者識別番号が割り振られます。 その後、e-taxのマイページなどから基本的な会社の登録を完了し、新規に所得税の納付書の登録をして送信し、ネッ […]

納期の特例申請書の書き方(源泉税)をわかりやすく解説【一人社長】

納期の特例申請書の書き方 会社を設立した際に税務署に「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」を提出しましたか? 税理士さんへお願しているかたで一人社長の場合はほぼ必ず税務署へこの書類を提出しているかと思います。 この「納期の特例」というのは給与や士業の報酬などを支払って、源泉所得税を毎月預かっている場合、通常だと翌月の10日までに所轄の税務署へ納付書で支払わなければなりません。 その毎月の納 […]

納期の特例・納付書の書き方を簡単に解説【一人社長・税理士有の場合】

会社を設立した際に税務署に「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」を提出しましたか? 税理士さんへお願しているかたはほぼ必ず税務署へこの書類を提出しているかと思います。 この「納期の特例」というのは給与や士業の報酬などの源泉所得税を毎月預かっているものを税務署へ納めるのが通常だと次月の10日までに支払うものを、年に2回だけにして、作業を簡素化してくれるとても嬉しい制度なのです。(給与を支払う […]

持続化給付金や10万円給付等の税金の取扱いや仕訳は?

持続化給付金は入金されたという声も各地であがってきました。 まだまだ国民全員に支給される特別定額給付金の10万円はインターネット申請では振り込まれたという声があるものの、郵送で届いてはいません。届いていない給付金に対して税金のことなんて考えたくはないですが、そんな給付金等の税金の取扱いはどのようなものでしょうか? この記事では、最近の給付金の税金の取扱いをまとめました。 課税される給付金は? ここ […]