hybe 韓流

TXTのライブ年表!ライブチケットの倍率など考察

TXT(TOMORROW X TOGETHER)は現在、デビュー後初めてとなるワールドツアーの真っただ中。ついに日本でも、彼らの単独ライブパフォーマンスが見られると話題になりましたね!

そんなTXTは、これまでにどのようなライブを開催してきたのでしょうか?本記事では、これまでのTXTのライブをわかりやすく年表にまとめました!

TXT(TOMORROW X TOGETHER)のライブ年表と詳細

TXTのデビューは2019年3月ですが、コロナの影響もあり2021年に初の単独コンサートを開催。それまでは、ファンライブを中心にライブパフォーマンスを披露していました。

ここでは、2019〜2022年に行われたライブのタイトルや開催日についてご紹介します!

開催日・場所タイトル
20193月5日 ソウル◇デビューショーケースライブ
「TOMORROW X TOGETHER DEBUT SHOWCASE ‘STAR’」
5月9~24日 US◇デビューショーケースライブツアー
「TOMORROW X TOGETHER SHOWCASE: STAR in US」
20203月8日 オンラインのみ▢「FANLIVE DREAM X TOGETHER」
20213月6日▢◇「FANLIVE SHINE X TOGETHER」
3月7日 オンラインのみ▢「FANLIVE SHINE X TOGETHER JAPAN EDITION」
10月3日 オンラインのみ▢「ACT:BOY」
20223月5~6日▢◇「FANLIVE MOA X TOGETHER」
7月2~10月23日◇「WORLD TOUR <ACT : LOVE SICK>」
9月3日、4日 大阪(おおきにアリーナ舞洲)▢◇「WORLD TOUR <ACT : LOVE SICK>」
9月7日、8日 千葉(幕張イベントホール)▢◇「WORLD TOUR <ACT : LOVE SICK>」

◇:オフライン(対面)ライブ・コンサート

▢:オンライン(非対面)ライブ・コンサート

それでは、各年のライブをかいつまんで紹介していきます!

2019年「TOMORROW X TOGETHER DEBUT SHOWCASE ‘STAR’」

TXTは、3月4日にリリースしたミニアルバム「THE DREAM CHAPTER: STAR」を引っ提げてデビュー。その翌日5日、ショーケースライブを披露しました。

それから、2か月後の5月にはアメリカ6つの都市で、「TOMORROW X TOGETHER SHOWCASE: STAR in US」を開催。デビューから2カ月後という短いスパンにもかかわらず、ライブチケット販売開始5分で完売するなど、アメリカでも驚異的な人気を集めました。

2020年「FANLIVE DREAM X TOGETHER」

参照:Hybe

TXTにとって初となるファンライブは、当初オフラインで行う予定でしたが、コロナの影響により中止に。その代わりとして、3月8日にNAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて、ファンライブを披露しました。

2021年「FANLIVE SHINE X TOGETHER」&初の単独ライブ「ACT:BOY」

2度目となるファンライブは、初めてファンと直接会うことが叶ったライブです。

オンライン・オフライン同時に以下の日程で行われました。

「FANLIVE SHINE X TOGETHER」

  • 開催日:2021年3月6日
  • オンライン・ライブストリーミングとオフライン公演にて同時開催

「FANLIVE SHINE X TOGETHER JAPAN EDITION」

  • 開催日:2021年3月7日

日本のファン向けに、WOWOWにて独占生中継された無観客ファンライブを開催

TOMORROW X TOGETHER LIVE <ACT:BOY> TXT初の単独オンラインライブ

  • 開催日:2021年10月3日

また、デビューしてすぐアメリカでショーケースライブを開催したものの、以降単独コンサートは行ってこなかったTXTでしたが、この年、上記日程で初のオンライン単独ライブを開催しました。

ファンライブとは異なり、単独ライブはほぼパフォーマンスのみで構成。今までのファンライブでは見られなかった曲を含め、全25曲を披露しました。

2022年「FANLIVE MOA X TOGETHER」&初のワールドツアー「ACT : LOVE SICK」

「FANLIVE MOA X TOGETHER」は、前年同様に韓国にてオンライン公演とライブストリーミングが同時に行われました。

  • 開催日:2022年3月5日/3月6日(グローバルバージョン)

また、デビュー以降初のワールドツアーとなる「ACT : LOVE SICK」が現在進行形で開催されています。7月2日のソウル公演を皮切りに、アメリカ主要7都市をまわり、日本を含むアジア圏でも開催されます。

  • 7月2~3日:ソウル
  • 7月12~24日:アメリカ(シカゴ、NY、アトランタ、ダラス、ヒューストン)
  • 9月3~4日:日本(大阪府)
  • 9月7~8日:日本(千葉)
  • 10月12日:インドネシア
  • 10月15~16日:フィリピン
  • 10月19日:台湾
  • 10月22~23日:タイ

TXT日本のライブチケットは倍率が高すぎて買えない?!

日本オリジナル曲のリリースや、日本のテレビ番組に積極的に出演しているTXTは、最近爆発的に人気が伸びています

それに伴い、今後ファンの数に比例して高倍率が予想され、ライブチケット争奪は激戦になりそうです。

実際に、2022年9月開催の「WORLD TOUR <ACT : LOVE SICK> IN JAPAN」では、ファンクラブに入会していても手に入らない人が続出

具体的な倍率は発表されていませんが、単純計算で日本のファンクラブ会員数とライブ会場の収容人数を考慮すると、次のように計算できます。

  • 日本ファンクラブ会員数:約10万人と予想されている(正式発表は無し)
  • ライブ会場のキャパ:4日間トータルで約32,000人

日本のライブチケット倍率

100,000÷32,000=3.1倍

つまり、ファンクラブに加入していても、3人に1人しか当選しないということ。

最近の人気を考慮すると、今後さらに高倍率になり入手困難な状況になっていることは間違いないでしょう

まとめ

TXTのこれまでのライブや、2022年日本ライブチケットの倍率について簡単にまとめると、以下の通りです!

まとめ

  • TXTの初の単独ライブは2021年、それまではファンライブが中心
  • 2022年TXT初のワールドツアーライブ開催
  • 日本のライブチケットの倍率は「3.1倍」と予想
  • ファンクラブに入会していてもチケットを入手できない人が続出

TXTの人気上昇に伴い、益々ライブチケットの入手が難しくなることが予想されますが、いつかライブで会えることを楽しみにしつつ応援していきましょう!

TXTアルバム・シングル曲一覧!これまでの全曲を知りたいあなたへ!

韓国はもとより日本でも人気が高まっているTXT(TOMORROW X TOGETHER)。2019年の韓国デビューから約3年経過し、素晴らしい楽曲が増え続けています。 そんなTXTのファンに最近なった ...

続きを見る

TXTメンバーの人気順で名前とプロフィール紹介!【2022】(TOMORROW X TOGETHER)

2019年にデビューした、K-POPグループ、TXTティーバイティこと、トゥモロバイトゥギャザ(TOMORROW X TOGETHER)。 (ハングルでは「투모로우바이투게더(トゥモロウバイトゥゲド) ...

続きを見る

-hybe, 韓流

© 2022 LOHAS美人