アップルパイ激戦!二子玉川で美味しいアップルパイを食べよう

アップルパイ激戦!二子玉川で美味しいアップルパイを食べよう

そろそろリンゴの季節。

秋の果物からこれからはスーパーでも果物売り場が赤く綺麗に彩り始めていきます。

そのまま食べるもよしですが、やはり、女性が大好きなのはアップルスイーツの王道、アップルパイ。

世田谷のオシャレな街、二子玉川にて、アップルパイ3種を食べ比べてみました。

(2019年9月現在の情報です)※この季節だけではなく、このお店はすべて通年でアップルパイを提供しています!

 

Advertisement

【ブルー・ブランシュ (Bleue Blanche)】

ブルー・ブランシュは1993年にOPEN以来、二子玉川の地元では有名なカキ・イタリアンのお店です。冬には、「オイスタータワーグランプリ」というイベントが開催され、

盛り上がっている様子がHPでも見受けられ、地元で愛されているお店ということが

感じられます。

そこで、ランチとディナーに現れるアップルパイは、絶品なので、ご紹介します。

 

焼き立てアップルパイ 870円

こちらは、ランチでは飲み物とセットで680円となります。

トッピングには、6種類のソースの中から2種類のソースが選べます。

ソースの種類はシナモン・メイプル・ブルーベリー・フランボワーズ・チョコレート・マーマレード

です。

 

冷たいアイスクリームに絡むソース。さくさくのパイの中にあるアップルと一緒にほおばると、リンゴとアイスのあまずっぱいハーモニーが広がります。写真のソースはチョコレートソースとメイプルです。

ランチは少しお得なので、足を運んでみてはいかがでしょう。

 

営業時間:【ランチ 月~日曜日】11:00~16:00

【カフェタイム 月~日曜日】16:00~17:00

【ディナー 月~木曜日】17:00~25:00

【ディナー 金・土曜日】17:00~26:00

【ディナー 日曜日】17:00~24:00日曜営業

予約:可

住所:東京都世田谷区玉川3-12-13 朋友プラッツ 1F

東急田園都市線二子玉川駅 徒歩3分 二子玉川駅から172m

連絡先:03-3708-5012

【アフタヌーンティールーム】

1990年に登場して以来、愛され続けているアップルパイ。実はパイ生地を使っていないそうです。アーモンドスライスにメレンゲを加えた生地と林檎のコンポ―トを一緒に焼き上げています。そのうえに、生クリーム、ミントの葉っぱがついて完成です。

 

アップルパイ 740円

 

甘すぎない、ホイップクリームにリンゴがぴったりのおいしさ。

アフタヌーンティでは様々なティーを飲むことが出来るので、お好きなティーをご一緒に。

私はフルーツが大好きなのでいつも「フルーツティー」を注文します。リンゴ・オレンジ・バナナなどがそのまま入っており、少し酸っぱい味で美味しいです。

冬季限定でアップルティーも出現。これも見逃せませんね。

 

営業時間:10時~21時

予約:不可

住所:東京都世田谷区玉川3-17-1玉川高島屋S・C 南館 4階

連絡先:03-3708-7342

 

 

【シャッターズ】

創業当時から皆様に愛され続ける、「スペアリブ」と「アップルパイアラモード」が看板のカジュアルレストラン。

注文が入ってから焼き上げているアップルパイは、100%国産のりんごを使用しています。

 

ブルーベリー・ラズベリー・キャラメル・チョコレート

メープルシロップ・シナモンの6種類のソースからお好みの味を選ぶことが可能です。

私はラズベリーソースを選びました。

甘すぎない、さっくりとしたパイ生地に甘いアイスクリームとちょっと甘酸っぱいラズベリーは絶妙に美味しいです。

 

アップルパイアラモード   895円

 

 

営業時間:

月~金 ランチ 11:00~16:00 ディナー 16:00~23:00(L.O.22:00)

土・日・祝11:00~23:00

予約:可

住所:東京都世田谷区玉川3-12-8 柳小路仲角1F

連絡先:050-3373-9317

Advertisement

総論:

今回選ばせていただいた3つのお店ですが、

アップルパイの上にアイス・生クリームなどが乗っている上乗せ型が定番になっていました。

どのお店も全体的に甘すぎないのが特徴です。甘すぎないので沢山食べても平気かな?なんて思っちゃいがちですが、甘くはないですが、アップルパイのカロリーはとても高いので食べ過ぎないように気を付けましょう!

また、どのお店も駅から近く、遠くても徒歩5分圏内。

ちょっとしたカフェに立ち寄るのもよし。夕食をメインで訪れてもスイーツが楽しめるのはポイント高いです。

是非インスタ映えするアップルパイをご堪能ください^^

アップルパイの起源

アップルパイを食べていたらアップルパイの起源が知りたくなったので、こちらも調べてみました。

ローマ時代に肉のパイが生まれ、英国でこのパイの中身が果実となり、ピューリタン(16世紀後半以降イギリス国協会の進行に反対し宗教医改革を主張したプロテスタント諸教派の総称)のアメリカ植民によって、アメリカにももたらされ、伝統的な家庭料理になったという説が有力でした。

日本に入ってきた歴史に関しては調べることが出来ませんでしたが、アメリカからきっと伝承されたのではないでしょうか。

他にも二子玉川で持ち帰りアップルパイ!

二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット2Fにはバビーズ二子玉川があり、持ち帰りが可能です。

バビーズのパイはアメリカ本店のレシピを日本のシフェがNYを行き来してクオリティを保っています。

そして、かの有名なGRANNY SMITHの8号店が2019年9月18日に玉川高島屋S・Cの本館 B1Fにオープンしました!

これで、二子玉川はアッパルパイの街といってもよいくらいアップルパイに関して楽しめる街になってきました!

外出先でもご自宅でも楽しめるアップルパイを是非ご賞味ください。