シミそばかすはファンデで消せる時代!コンシーラーいらずのカバーマークの威力を体験

シミそばかすはファンデで消せる時代!コンシーラーいらずのカバーマークの威力を体験

シミや吹き出物の跡、そばかすなどは女性にとってとても気になるお肌の状態。

普段隠すのにはコンシーラーを使っている人が多いのではないでしょうか。でも、コンシーラーもモノによってはうまく隠せなかったりします。特に濃いめのシミなどは隠しづらかったり、落ちてしまうこともあります。

今回は「シミ消しファンデ」として有名なカバーマークのファンデーションのカバー力を試してみました。

ファンデを試せるイベントでは

蔦屋家電二子玉川にて光文社の女性雑誌「美スト」×カバーマークのイベントに参加。

今話題のシミ消しファンデを試せる機会ということと、ドレスコードがピンクであることも相まって気持ちとテンションはMAXで、会場に足を踏み入れました。

COVERMARKカバーマークの歴史

カバーマークのルーツは、アザ、傷跡、皮膚の変色を自然に隠す化粧品を開発したニューヨークのリディア・オリリー夫人にあります。

肌の外見だけを変えるのではなく、そういった見た目が気になってしまうという人々の

「心の苦痛」を取り除くというものです。

この精神と優れた製法を受け継ぎ、日本で1960年よりスタートしているのがCOVERMARKカバーマークというブランドなのです。

シミ消しファンデ「フローレスフィット」の特徴

そして、カバーマーク社が50年間研究を続けてきた結果、集大成として生まれたファンデーションが

カバーマーク フローレスフィット

というファンデーションなのです。この商品の最大の特徴が

・濃いシミのカバー

・美しい仕上がり

とのこと。

ひと塗りでカバーしながらも、ツヤや質感などの美しい人肌を再現し、メイクしたての美しさを一日中キープしてくれます。

ここで、すでに愛用者であるかたのコメントを紹介いただきました。

・しっかりカバーしているのに、自然で綺麗な色で厚ぼったくない

・肌の色にあっているせいか、濃いシミが肌の色に溶けこんで、とても滑らかな肌に見える

・シミが目立たず地肌が若返ったように美しく、つややかに仕上がりました

・自分の肌より綺麗な肌色でメイクが映える

・肌色が綺麗に見えた

などなどです。実際はどうでしょうか。

ファンデーションの選び方とシミ消しファンデの使い方

このイベントでは、ヘアメイクアップアーティストLA DONNAの辻本さんから使い方をレクチャーいただきました。。

ここで、プロの方からのファンデーションの選び方で大切な部分を抜粋してお伝えします。

まず大切なことが

色選び

だそうです。

特に、春夏は薄着になりますので、首と顔との、色の差が

出やすいそうです。なので、春夏にファンデーションを買う時には、

いつもよりも半トーン暗めの色を選ぶことで首と顔の差を埋めることが出来るのです。

次に、シミ消しファンデーションの使い方です。

こちらのファンデーションは、実際見てみるとかなりシットリとしており、伸びがよいです。

ですので、通常のファンデーションのように沢山スポンジに含ませると

かなり厚ぼったい仕上がりになってしまいます。

ですので、ほんの少しだけ、スポンジを折り曲げて、目の下の頬から「ポンポン」と、軽いタッチで塗るのがよいです。


多く厚くなってしまいますと、今度はシワが目立ちやすくなるので、要注意です。

また、シミの種類によってカバーの仕方にはスポンジの持ち方を変えます。

もやもやと広がるシミには指を1本挟んでスポンジを持ち、重ね付けしていきます。

ピンポイントのシミには指をはさまず、スポンジを細く折り曲げて持って重ね付けします。

ということで、沢山のレクチャーを聞いた結果、自分で体験してみました。

体験した結果

私は外で運動もするので、肌の色はカバーマークの一番暗い色である40の一つ手前、
30を試しました。

実際に、コンシーラーを使わなくてもシミが消えていく事にとても感動を覚えました!!

塗り方さえきちんと守っていれば、カバー力も高く、厚ぼったくならなかったので、よかったです。

ファンデーション+コンシーラーの値段だと思えば、そこまで高くはない印象です。

インターネットで購入することも可能ですので、店舗で色を見てもらえば今後はインターネット購入でお安くゲットすることも可能です。

是非試してみてくださいね。

カバーマーク フローレスフィットは、SPF35 PA+++。各7000円(税抜)リフィル各5000円(税抜)で販売しています。

公式HP:https://www.covermark.co.jp/shop/

☆インターネットで購入の際はコチラ☆