パック「采乃汲~さいのくみ」を寝る前に試した朝の効果を検証

パック「采乃汲~さいのくみ」を寝る前に試した朝の効果を検証

2019年6月1日(土)、蔦屋家電二子玉川にて美ST×「采乃汲~さいのくみ」のイベントに参加してきました!

今話題の和漢パック「采乃汲~さいのくみ」の商品を試すことが出来るこのイベント。実際に自宅で試した感想とともに、記事にしました。

 

 

中国の大手漢方薬企業「雲南白薬社」が生み出した和漢パックとは

中国を代表する、漢方メーカー雲南白薬社が作ったフェイシャルパック

「采乃汲~さいのくみ」が、日本初上陸しました。

その研究力・技術力は国内外で高く評価されているそう。

 

このフェイシャルパックのポイントは3つあります。

一つ目は自社所有の漢方植物、栽培農場産だから高品質であること。

和漢植物は特別な環境でしか育てられないため、豊富な経験・技術を持っていないと栽培できないのです。雲南白薬社は、工業汚染のない高原地方などで作られているのでとても安心!

 

二つ目は明の時代から受け継がれた知恵と現代の技術が融合されていること。

こちらのパックには皮膚トラブルに有効な和漢レシピをベースに、最新の知識、技術で誕生しました!

 

三つ目は天然酵素を使用した抽出技術。

和漢植物エキスの抽出技術には、通常肌に刺激となるアルコールなどを用いるのが一般的なのですが、采乃汲~さいのくみのパックは植物由来の天然酵素を使って抽出しているため、浸透力もアップします。

 

現在発売されているのは3種類

現在発売されている商品は3種類。

保湿と透明感アップの毎日の日常使いのもの

パールやマツタケ、ヒアルロン酸、バラ科の花からとれる希少なプリンセピアウチリスオイルなどを配合。

―モイスチャー&トーンアップ フェイシャルパック5枚入り 4200円(税別)

 

肌に滋養を届けるもの

霊芝、バラ、益母草など栄養補給して元気にする和漢を配合し、肌の結構を促し、肌に活力を与えてくれます。

―ディープナーリッシング フェイシャルパック5枚入り 4200円(税別)

 

高級和漢力の集大成

600年以上前から使用されている和漢レシピを活かしてよりすぐりの高級和漢素材を配合したスペシャルなシート。高麗人参、苦参、丹参、ヒアルロン酸など。

―ラグジュアリーエッセンス フェイシャルパック5枚入り 7500円(税別)

日常使いのものが1枚800円くらい、高級な特別使用のものが、1枚1500円。

私は、定期的に週末に使うパターンと、スペシャルな時に利用するパターンを想像しました。

なんというか、髪の毛でいう「トリートメント」的なイメージでしょうか。

イベントでお試しした結果

流石にイベント会場では、すっぴんになる事は難しかったためw、実際に自分の手の甲にマスクを乗せて、手触りなどを試させていただきました。

普段使っているパックとはかなり違った手触り・・・。

まずは、シートが重い!

それは、乳液のように、シートにしっかりと和漢成分が染み込んでいるからなのです。

たぷたぷなシートを手の甲に乗せてしばらくすると、

手の甲がツヤツヤになりました。

肌の奥から浸透したような結果です。

また、香りがほのかに漢方の香り。

きつい香りではなく、ほのかに香る体によさそうな香りはなんとも言えません。

自宅でも試してみようと思い、イベント会場蔦屋家電二子玉川でも購入できるスペースがあったので立ち寄りました。こちらは期間限定販売かもしれませんので、今後はWEB購入を検討しつつ、今回は購入しました。

 

実際に自宅で使用してみた結果

自宅でお風呂上りに、実際に①の保湿と透明感アップのものを使用してみました。

袋をあけると、やはりタプタプのパックが出てきました。

袋の中にも沢山のエキスが残っていたため、勿体ないので、足や手に使用。

また、顔に密着するため、私は家事をしながら利用し、10分間体験しました。

パックマニアのお友達からもよく聞くのですが、お風呂上りの乾燥した肌にパックをしながら家事をするのが次の日の肌の調子にとてもよいとのことでしたので、真似してみました。

なんだか、いつもよりもお肌がツヤツヤになっている感じです。

使用後に通常通り、スキンケアをして睡眠。

そして、何よりも次の日の朝がよかった!

肌のツヤはさることながら、朝の洗顔の時の手触りが違いました。

そして、メイクのノリもよく、ハリが出たような結果です。

今後のスペシャルな日の前日や週末の集中お手入れに、一役買ってくれそうなアイテムです。